コンテンツ

脱臼・捻挫・打撲の治療

 

骨折・脱臼・捻挫はまず来院された時に整復(骨を正しい位置に戻すこと)を行います。
その後、回復を早めることと痛みを軽減させることを目的に電気治療を行います。

そして、症状が重い場合は固定器具(ギブスや包帯)を使って患部の固定を行います。症状が軽い場合は、テーピングなどの柔らかい素材でサポートします。

その後レントゲンや、専門医の診断が必要なものは、提携医療機関に紹介させて頂いています。

早く治したい方や、動きの改善を図りたい方が多く来院されていますので関節の調節や電気治療などを行います。

打撲や擦過傷(すりきず)に関しても、治療を施すと痛みが早く取れますし、治りも早いです。
そして、打撲・擦過傷など痕が残りやすいものも電気治療を行いますと傷跡が残りにくくなります。

 

  • 交通事故治療はこちら
  • 体操教室
  • 同業者向けセミナー
  • 腰痛解消
  • 川崎麻世さんインタビュー
  • メディア掲載