坐骨神経痛の治療法と検査方法を紹介!物理や運動療法による改善の可能性

坐骨神経痛の治療法と検査方法を紹介!物理や運動療法による改善の可能性

坐骨神経痛に悩まされていて、治療法を知りたい方もいるでしょう。坐骨神経痛の治療は状況に応じて物理療法や運動療法などから、適切なものを取り入れます。さまざまな治療法を知ることで、体の痛みを和らげる選択肢が広がるのです。

今回は坐骨神経痛の治療をご希望の方のため、改善方法をまとめました。検査の仕方のような副次的な情報も含めてあります。これを読めば坐骨神経痛の改善方法を選べて、痛みのない生活に戻れるかもしれません。

坐骨神経痛の検査方法は?

坐骨神経痛の検査では、主に問診や画像検査、診察などを進めます。これによって原因の特定ができるのです。神経痛の原因を突き止めてから治療方法を考えることで、患者は安心するでしょう。

体の痛い部分を調べるために、以下の方法を使うこともあります。

  • 痛みやしびれの場所を触る
  • 患者の姿勢や歩行などのチェック
  • エックス線検査や腰椎レントゲン、MRIなどの診察機械の使用

疑われる症状に合わせてやり方を変えたり、複数の方法を使ったりするのが通例です。このようにして医師は、患者の坐骨神経痛が改善するヒントを探ります。

坐骨神経痛の治療法6種類

坐骨神経痛を和らげるための治療法は、大きくわけて次の6種類です。

  • 物理療法
  • 運動療法
  • 装具療法
  • ブロック療法
  • 薬物療法
  • 手術

状況によって治療法が違うため、それぞれの詳細を以下で確かめましょう。

物理療法

物理療法は血行改善を目的としたやり方です。神経痛のような不調の原因として、血行不良が挙げられます。こちらへのアプローチによって、痛みの改善を望めるのです。

代表例としてマッサージ、低周波電気療法、温熱療法などがあります。どれも体に刺激を与えたり、血の流れに訴えたりする効果に期待できます。なるべく体に負担をかけない治療法なら、物理療法を検討するのも良いでしょう。

運動療法

運動療法は体操やストレッチなど、体を動かして痛みを和らげることです。運動によって筋肉をほぐし、血行改善につなげられます。

痛みがあるときの運動はつらいと思う方もいるでしょう。実際は痛みをケアしながらの運動により、坐骨神経痛を改善できるケースがあるのです。体を動かす習慣があることで、痛みと向き合うモチベーションも育つでしょう。

運動療法によって下肢に筋肉をつけた結果、腰椎への負担を減らす効果も望めます。そのため、体を動かす習慣は、神経痛のケアにも重要です。

装具療法

装具療法は、治療用の器具を使って痛みを和らげるやり方です。コルセットのような道具を使って、坐骨神経痛の改善に努める方もいます。道具を使った姿勢の矯正によって、痛みをケアするのが狙いとなります。姿勢改善によって生活をよくする効果も望めるでしょう。

ただし、装具療法は、1カ月が目安です。コルセットのような器具の使用は体を固定するため、長期間使いすぎると筋力低下につながります。そのため正しい使い方について、医師からアドバイスを受けましょう。

ブロック療法

ブロック療法とは、患部へピンポイントに麻酔や薬を注射することです。これによって坐骨神経痛を改善できるケースがあるのです。場合によっては日帰りや保険適用も受けられます。

患部への注射によって、痛みの伝達物質を一時的に断ち切るのが狙いとなります。自律神経の緊張をほぐすことから、血行改善も見込めるのです。注射を使うので多少の負担はありますが、体の状態をよくする選択肢になるでしょう。

薬物療法

坐骨神経痛には治療薬を用いることもあります。たとえば痛みを鎮めるのが目的なら、アセトアミノフェンやNSADIsによる治療が有力候補です。痛みの改善によって、行動範囲が広げられるでしょう。

一方で時間をかけながらでも、少しずつ改善を目指す場合は、ビタミンB群や漢方薬を用います。前者は痛みの改善だけでなく、神経機能のキープにも有用です。また漢方薬には、血行改善の効果を出して神経痛の改善を狙うタイプも見られます。このように症状や治し方によって、治療薬の選び方が異なるのです。

手術

坐骨神経痛の症状がひどい場合は、手術の可能性もあります。神経痛の治療では最初に物理や運動、薬物などの療法を進めるのが通例です。しかし、改善が見られないときには手術をする方もいるのです。

しかし、実際の手術療法は、坐骨神経痛に対する最終手段とされています。実際は手術以外でできる限りの治療法を尽くす形です。実際に坐骨神経痛の原因であるヘルニアでも、手術なしで改善するケースもあります。そのため、まずは整骨院に相談してください。

まとめ

坐骨神経痛は最初に検査や診断を進め、原因を突き止めるところから始まります。そこから患者の状態に合わせて治療法を選ぶのが通例です。治療法にはマッサージや低周波のような物理療法、体を動かす運動療法などがあります。

症状があまりに重いようなら手術も選択肢に入るでしょう。しかし、実際は手術せずとも回復するケースもあります。まずは整骨院に症状を相談し、治療法を話し合いましょう。

「よこすか整骨院」では、坐骨神経痛の原因であるヘルニアをはじめ、さまざまな体の痛みへの治療に対応しています。「痛みのない生活」をモットーとして、患者に寄り添った治療を進める所存です。坐骨神経痛にお悩みの方はぜひご相談ください。

  • 交通事故治療はこちら
  • 体操教室
  • 同業者向けセミナー
  • 腰痛解消
  • 川崎麻世さんインタビュー
  • メディア掲載
  • 初診・再診はこちら
  • 通院中の方はこちら
  • メールでお問い合わせ