足がつるのは○○不足?!

つりやすいのはなぜ?

こんにちは


今回は、最近患者さんから頂くこんな声にお答えします。
「よく足がつるのよね」
「夜中、足がつって目が覚める」等…。

 

足がつるのは痛いですよね。なぜつるのでしょうか?

水分が大切!


その一番の原因は、【水分不足】です。
水分を取ると言っても、お茶・コーヒー等の利尿作用のあるものではなく、「お水」や「白湯」が良いです。

カフェインが入っているものはできるだけ避けましょう。



特に明け方に足がつるのは、寝ている間に沢山汗をかくので、”脱水症状”のような状態になってしまうからです。

知らないうちに汗はたくさん出ているのですね。

寝る前に、お水をコップ一杯でも飲むと予防になるのでお試しください。
日中も意識的に「お水」を飲むようにしましょう。

 

どんな季節でも注意しよう


この時期、自然と汗をかくことは少ないですが、単純に水を飲む機会が減ったり、乾燥から水分不足になりやすいので意識してみて下さい。

それでも症状が改善されない場合は、足の疲労などからくる場合もあるので一度ご相談下さいね。

  • 交通事故治療はこちら
  • 体操教室
  • 同業者向けセミナー
  • 腰痛解消
  • 川崎麻世さんインタビュー
  • メディア掲載