疲れた目もスッキリ解消!目の簡単マッサージ方法の紹介

毎日パソコンやスマホを使う人が増えて目の疲れで悩む人が多いのではないでしょうか。目の疲れといっても、疲れ目、かすみ目、ドライアイ、近視、老眼など様々あります。実は、目の疲れは放っておくと身体への不調も引き起こしてしまう可能性があるんです。

そこで今回は、日頃の目の疲れをスッキリ解消するマッサージ方法をご紹介します。

どうして疲れる?目が疲れる原因

目を使うといえば、以前はテレビや読書が主流でした。しかし、現代ではパソコンやスマホなどが普及して目を酷使することが増加しています。スマホやタブレット端末を使うようになって、本来なら目を休める夜間も至近距離での光のダメージを受けることが多くなってしまいました。

光のダメージを受け続けると、自律神経のバランスが崩れやすくなり、イライラしたり、火照ったり、寝つきが悪くなったりして、寝ても疲れがとれないといった様々な不調の原因にもなります。冷えもドライアイの原因の一つに繋がっています。ドライアイの原因の一つに「涙の質」の悪化が挙げられます。

質のよい涙は表面に油の膜が張っていますが、冷えにより目の周りの血行が滞ると、涙の油成分が固まって出にくくなるのです。質の悪い涙は油分が足りないので蒸発しやすく、それによってドライアイになってしまいます。

また、コンタクトレンズの使用や空調もドライアイの原因となっています。

目を使いすぎるとどうなる?眼精疲労が及ぼす影響

1~2晩よく眠ればたいてい回復する、かすみ目や充血目は疲れ目の症状です。しかし、疲れ目を放置すると、目を動かす筋肉の硬直が全身の筋肉に伝わり、血行不良による肩こりや頭痛、吐き気といった症状を引き起こします。

また、目の緊張状態が続けば次第に自律神経が乱れ、うつや不眠の症状も出てきてしまいます。

目の疲れに効く!簡単マッサージ方法

目の疲れを放っておくと目だけでなく身体にも影響があります。

そこで、すぐにできる疲れ目に効くマッサージをいくつかご紹介します。

クルクルマッサージ

一度目をギュッと閉じてパッと目を開きましょう。そして、頭を動かさないように黒目を右へ動かします。次に上に動かしてください。最後に下に動かして、一番最初に戻ります。

パソコンを使った職業の人など目を酷使する人は30分に一度休憩をとって、2~3回クルクルとマッサージを行いましょう。目の周りの筋肉がほぐれてリフレッシュできます。

こめかみのマッサージ

こめかみ付近には頭痛や目の充血に効く「太陽」というツボがあります。目の酷使によりこめかみが痛む場合は直接マッサージをして痛みの緩和をしましょう。指は人差し指から小指までの4本を使います。目じりから頭皮に向かって優しく抑え、息を吐きながら肩の力を抜いてクルクルとマッサージを行います。

強すぎる刺激は気分を悪くしてしまう場合もあるので力加減には注意してください。

耳揉みマッサージ

耳には約110のツボがあるといわれ、昔から耳への刺激が治療の一環として行われています。目の疲れはもちろん、目の疲れからくる肩こりや首こり、頭痛にも効果的です。

まず、全体的に耳をもみ込みます。次に、中指と人差し指で耳をはさみ、耳をこすってください。最後に、耳を広げるように、上部、真ん中、下部へと引っ張りましょう。

このセットを順番に行ってください。次第にポカポカと温まってくるので、気分転換やリフレッシュに最適なマッサージです。

承泣(しょうきゅう)ツボマッサージ

承泣は目の下側の骨にあります。触るとなんとなく少しだけくぼんでいるような感じがあると思いますので、そこが承泣になります。すぐに痛みを感じるので、人差し指で痛みを感じるくらいの弱い力で押しましょう。3~5分くらい押すことができれば効果的です。

【簡単】タオルで疲れ目リフレッシュ方法

マッサージだけでなくタオルでも目の疲れを解消する方法があるのでご紹介します。

まず、タオルを水で濡らし軽く絞り、電子レンジで40℃ほどに温めて蒸しタオルをつくります。(熱くしすぎるとやけどするので注意しましょう)

次に、閉じた目の周りに蒸しタオルをのせ、5分程温めます。入浴中に、湯船のお湯でタオルを濡らしてしぼり、それを目の周りにのせても大丈夫です。目の周りがじんわり温まって油分が分泌され、リラックス効果もあります。

まとめ

今回は疲れた眼をスッキリさせるマッサージ方法を紹介しました。セルフマッサージは簡単なものばかりなので、是非試してみてください。

当院は累計15万件以上の施術を行っておきており、全国優良治療院にも認定された整骨院です。神奈川横須賀市で慢性的な首や肩の悩みや腰・骨盤の悩みはもちろん、身体全体の悩みも解消する施術を行っています。

月曜日から土曜日まで営業しているので、仕事で忙しいサラリーマンの方でも気軽に通うことができます。身体の不調に悩まされている方は、よこすか整骨院を是非ご検討下さい。

  • 体操教室
  • 同業者向けセミナー
  • 腰痛解消
  • 川崎麻世さんインタビュー
  • メディア掲載