簡単スッキリ解消!首のこりをとるマッサージ方法まとめ

スマホやパソコン長時間使うことが多くなって、首こりで悩む人が増えてきています。首がこると、頭が痛くなりつらいですよね。実は、首のこりは放っておくと頭痛や目の疲れ、めまいなど首から上の方まで症状が悪化する可能性もあるんです。

そこで今回は、少しでも早く首のこりをほぐす効果的なマッサージ方法をご紹介します。

首がこる原因は何?

首がこってしまう原因はシンプルで、首を支え続けているために首がこってしまうのです。首は成人で約5kgもあるといわれる重い頭を支えています。そのために、パソコンに向かったり、猫背など不自然な姿勢が長時間続くと、首の筋肉や関節に負担がかかってしまいます。

首の骨の角度が自然なアーチを描いている状態のときは、頭の重さである4~5kgの負荷が首の筋肉にかかっています。しかし、スマホを操作するときのような下を向いた状態になると約27kgもの重さが首の筋肉にかかるといわれています。

また、心配事やストレスなどにより頭部が緊張して首の血行が悪くなることにより首がこってしまうこともあります。

まずは姿勢を見直すことから

首こりの根本的に解消するためには、姿勢を正さないと改善できません。まずは、自分の姿勢が頭部前方突出かどうかを調べましょう。

調べる簡単な方法は、鏡に向かって体の側面を映し、耳たぶの位置が肩の真ん中と垂直な位置にあるかを見るだけです。肩の真ん中と耳たぶが垂直のラインで結べている人は大丈夫ですが、耳たぶが肩より前に位置している人は姿勢を正す必要があります。

頭の位置が体の前側に出すぎることで、肩や背中、脊髄で支えるべき重たい頭の重量が首の筋肉にのしかかり、首こりを発症しています。

首のこりをほぐすマッサージ方法

首のこりをほぐすマッサージはいくつかあるのでご紹介します。

胸鎖乳突筋ををほぐすマッサージ方法

首にある筋肉の中で一番大きな筋肉は、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)です。首を横にねじると浮き上がってくる首筋のラインを作っている筋肉になります。首をねじったり、頭部を下げてうなずく動きをしたりする筋肉です。首にある筋肉の中で一番大きいので、マッサージする際に筋肉をとらえやすく、ほぐすことで首がとても楽になります。

①マッサージの方法はまず、首を軽くどちらかにねじって、胸鎖乳突筋を浮き出させましょう。
②浮き出てきたら、人差し指と親指で優しく摘まみ上げるように引っ張り上げ離します。

③これを胸鎖乳突筋に沿って上下に往復して、回数は3往復を目安に行ってください。
④人差し指から小指までの四指を使って円を描くように、胸鎖乳突筋をほぐしましょう。

特に、こりのひどい人は首の付け根あたりにコリコリとした塊を感じることがあります。そのあたりを集中してほぐします。

注意するポイントとしては、強い力で押さないように優しく円を描きながら行うように注意しましょう。片方ずつ20~30秒を目安にマッサージをしましょう。

壁を使うマッサージ方法

握りこぶしを作り、壁と首の間にいれ、壁にもたれかかるようにします。壁とこぶしを押すように、握りこぶしでグリグリと気持ちの良い程度に首のこっている箇所を圧迫しましょう。

壁にもたれかかる強さを調整すると、握りこぶしが程よく首を圧迫してマッサージをすることが可能です。

寝ながらできるマッサージ方法

寝ながらでもマッサージをすることができます。握りこぶしの上に首のこり部分を当てて寝転びましょう。首を傾け、首をストレッチした状態から、さらにこぶしでマッサージを行うとストレッチ効果がぐんと上がります。

指圧で行うマッサージ方法

「風池(ふうち)」「天柱(てんちゅう)」という首のこりと目の疲れに効くツボを押すマッサージ方法です。パソコンの疲労を解消するツボになります。

「風池」の場所は後ろの髪の生え際を首の中心から外側へなぞり、上を向いたときに止まる場所が「風池」になります。「風池」の下にそれぞれ左右に太い筋肉があります。「天柱」はその筋肉の斜め下、頭の筋肉と首の筋肉が交差する部分です。

マッサージ方法は、それぞれのツボを両手の親指で押しながら、頭をゆっくり前後に動かしましょう。気持ちいいと感じる程度に行ってください。

まとめ

今回は首のこりをとるマッサージ方法を紹介していきました。定期的に行うことで、首のこりや頭痛を和らげることができるので、是非この記事を読んで試してください。

当院は累計15万件以上の施術を行っておきており、全国優良治療院にも認定された整骨院です。神奈川横須賀市で慢性的な首や肩の悩みや腰・骨盤の悩みはもちろん、身体全体の悩みも解消する施術を行っています。

月曜日から土曜日まで営業しているので、仕事で忙しいサラリーマンの方でも気軽に通うことができます。身体の不調に悩まされている方は、よこすか整骨院を是非ご検討下さい。

  • 体操教室
  • 同業者向けセミナー
  • 腰痛解消
  • 川崎麻世さんインタビュー
  • メディア掲載